ASI294-MC Pro First Light

現在使用している星雲撮影用のカメラは、2013年に購入した EOS Kiss X5 (新改造) とATIK 383L (モノクロ) です。デジタルカメラは画角も広いしカラーなので便利なのですが、最近の天体撮影専用のCMOSカメラに比べ感度が劣ります。今回 5年ぶりにカラー撮影用の機材を更新することにしました。11月にASI294-MC Pro を発注し、12月3日に到着していたのですが、天候が不安定なのでなかなかテストができず、本日ようやく試すことができました。

撮影には APT V3.57 を使用しています。状況を音声で教えてくれるのがかわいいですね。フィルターには IADS LPS-V3 を使用しています。

12/15/2018 23:00 オリオン大星雲 (M42) ,  GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, IADS LPS-V3 を使用, 赤道儀 Losmandy G11, ASI294-MC Pro, 120sec x 10枚コンポジット、感度 300, SIでデジタル現像後 階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

RC用0.75レデューサー・フラットナーと ASI294-MC のバックフォーカスは 75mm となっています。周辺の収差は何とか満足できるレベルですが、EOS Kiss X5 の時は 69mm だったので、もう少し短くしたほうが良いかもしれません。

外気温は摂氏6度まで下がり、結構寒いので急いで M42 の近くのお馬さんを撮影してみました。公害地ではさすがに IADS LPS-V3 だけでは厳しいです。明け方は0度近くまで下がりましたの寒いです。

12/16/2018 24:00 馬頭星雲と燃える木, GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, IADS LPS-V3 を使用, 赤道儀 Losmandy G11, ASI294-MC Pro, 120sec x 1枚、感度 300, SIでデジタル現像後 階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

今夜はとりあえずテストなので IADS LPS-V3 に Fuji Film SC 64 を重ねて簡易Hα とし、露出時間を 600sec さらに 900sec まで延ばしてみました。コーストが盛大に発生していますので良い画像とは言えません。やはりフィルターはちゃんとした品質ものを使用するほうが画質が良いです(当たり前ですが)

12/16/2018 1:00 馬頭星雲と燃える木, GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, IADS LPS-V3 + Fuji Film SC64 を使用, 赤道儀 Losmandy G11, ASI294-MC Pro, 600sec + 900sec x 2枚、感度 300, SIでデジタル現像後 階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

鏡筒のバランスが完全でなかったのか、オートガイドはいつもよりはブレが大きいです。

Android 8.0 の WiFi 問題

天候が良くないのでまだこの問題に取り組んでいます。 昨日のテストの結果とオヤジさんの情報により Android 8.0 の WiFi が怪しいことは疑う余地がありません。当然 Android 8.0 の WiFi の設定には下記の通り 「スリープ時に接続を維持する」を選択しています。ところが実際はこの設定はうまく働いていないように思われます。
テストの結果、タブレットに電源を接続しておけばWiFi接続がタイムアウトになることを防げるようです。したがって  Android 8.0 の場合は常に電源につないでSkySafari を使用することをお勧めします。これでは機動性に欠けるのでタブレットの意味がありませんが、とりあえず1台構成で SynScan Pro と SkySafari が使用できます。

スマホ自動導入の安定化を目指して

2013年から導入支援装置としてNEXUS+SkySafari (第3世代iPod touch + iOS 5.1) を使用しており、便利で助かっています。その後スマートフォンやタブレットが普及しさらに便利になってますので、備忘録としてこのブログに記載してきましたが、環境によっては安定に動作しないようです。たまたま私の環境は問題なく運がよかっただけかもしれません。 
私の現在の環境は下記の図の1台構成で Android 6.0 + SynScan Pro + SkySafari 5 Plus で安定稼働しています (現時点では SkySafari 5 は残念ながら入手不能)。最近私のブログを見られた方から SkySafari 6 では動作しないと連絡をいただいたので、単純にSkySafari 6はまだサポートしていないだけかと思っていました。ところが試しに私の環境で SakySafari 6 Plus を試したところ問題なく稼働するので、問題の切り分けのためにもう少し調べてみることにしました。
最新式の HUAWEI MediaPad T5 が2万円程度で購入できることを知りこれまでの古い環境から最新式にに更新したところやはり安定稼働しません。最新の環境は Android 8.0 なので、おそらく Android 8.0 のWiFi の環境の仕様が更新されてしまい、SkySafari が SynScan Pro と通信する際にタイムアウトになっている模様です。Android 8.0 では SkySafari 5 でも 6 でも同様にアイムアウトします。

1台構成で 安定稼働する環境は Android 6.0 以外見つかっていないのですが、iOSの場合は2台構成で稼働しているようなので、どの環境が安定稼働するか手持ちの機器を使用して実験してみました。まずは1台構成の結果です。上記で述べた通り、 Android 6.0 の環境のみSkySafari が安定稼働します。 ちなみに SynScan Pro のみの使用であれば Android 8.0 でもiOS 12 でも問題ありません。

2台構成はいくつかのパターンがあります。まずは1台目 (SynScan Pro) にAndroid 6.0 を使用した場合は2台目 (SkySafari)は Android 8.0 でも iOS 12 でも安定稼働します。

続いて1台目 (SynScan Pro) にAndroid 8.0 を使用した場合は2台目 (SkySafari)は Android 6.0 の場合のみ安定稼働し、iOS 12 はタイムアウトを起こします。

最後に1台目 (SynScan Pro) に iOS 12 を使用した場合は2台目 (SkySafari)は Android 6.0 および Android 8.0 両方とも安定稼働しません。

海外では iOS 2台構成は稼働しているということらしいので今回は実験していませんが、それ以外に2台目に Windows 10 + SkySafari 以外の 星雲星座Map という組み合わせもいくつか正常に稼働しているようです。

上記のテストだけでは SkySafari 側に修正が必要なのか SynScan Pro 側で port 11882 経由の通信処理に修正が必要なのかは不明です。いずれにしても早期解決には Sky Watcher 側と SkySafari 側が協力して調査することが必要だと思われますが、SkySafariを開発している人員は実質1.5人らしいので優先順位の関係で手がまわらないようです。最新版の Android がサポートされるまで、Android 6.0 の環境を大事にしたいと思います。

2018年12月8日 11:00 AM  追記

Android 6.0 加えて Android 7.1.1 も問題ないそうです。オヤジさん情報ありがとうございました。

エスキモー星雲 (NGC2392) – 月齢19.5

なかなか晴れる日が少ないので、すぐ横で月が奇麗に輝いていて非常にチャレンジングであることは十分承知の上で、機材調整の目的で撮影してみました。フォーカスはほぼ合っています。

ところが実際の写真はシャープさに欠けるし、カラーバランスは崩れているし、なかなか難しいですね。エスキモー星雲はもっと長焦点の鏡筒のほうが向いているようです。おまけに鏡筒がかなり濡れていたので、晴れている割には相当湿度が高かったようです。

11/28/2018 4:30 – 5:10  GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, 赤道儀 Losmandy G11, EOS Kiss X5 (新改造), 150sec x 10枚コンポジット、SI7で画像処理したのちx2ソフトビニング、ISO800, 撮影場所:自宅のベランダ

オートガイドだけは最近絶好調です。

かに星雲 (M1) – 再挑戦

前回のかに星雲は詳細なフィラメント構造が全く写っていなかったので、今回は EOS Kiss X5 を使用し、ISO800 でシャッタースピードを長めにして撮影してみました。フラット画像とダーク画像を撮影していなかったので明るさのむらとホットピクセルがありますが、前回より画質が大幅に向上しています。

11/21/2018 3:30 – 4:30  GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, 赤道儀 Losmandy G11, EOS Kiss X5 (新改造), 240sec x 12枚コンポジット、SI7で画像処理したのちx2ソフトビニング、ISO800, 撮影場所:自宅のベランダ

横浜は明け方に向けて気温が下がりましたが、湿度は高めで鏡筒フードが夜露でかなり濡れていました。風はなくガイドは順調でした。

電子ファインダー

最近は雲が多い日が続いていますので、ゆっくり観望というわけにはいきません。そんな時はネットを徘徊して面白いネタ探をしています。今年5月に ASI385MC を購入したのですが、惑星のシーズンが終わると出番が減少してしましました。そのうえ私の不注意により1ケ月の入院 (修理) となってしまいましたので さらに出番がなくなっています。そこでさらなる活用を模索するために、電子ファインダーの実験をしてみました。ASI385MC + 50mm Cマウントレンズ (実際にはF/47mm) の場合、 計算すると画角は 8.8° x 5.0° となるようなので、光学式のファインダーと同程度のようです。

20181118_ASI386MC_finder

光学式のファインダーを電子ファインダーに交換して M42 を導入してみました。ASI385MCは高感度なので、1 sec の露出で下記ように写るので、確かに狭いところではファインダーをのぞくよりはかなり楽ですね。 次の惑星のシーズンまではこのスタイルで行こうと思います。(惑星撮影にはASI385MCが必須なので)

20181118_ASI386MC_finder_M42

冷却CCDは画像処理が面倒なのと時々雲が流れているので、短時間で撮影できるEOS Kiss X5 を使用しました。

11/18/2018 3:30 – 4:40  GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, 赤道儀 Losmandy G11, EOS Kiss X5 (新改造), 120sec x 15枚コンポジット、ISO800, 撮影場所:自宅のベランダ

かに星雲 (M1) – 失敗の巻き

アルデバランからたどって、かに星雲の導入はできたのですが、120sec のシャッタースピードではあまりにも淡くてまともな像になりませんでした。カラーバランスの調整も難しいです。

2018-11-03_ASI383MC_120sec_composit_M111/03/2018 3:40 かに星雲 (M1) ,  CFP200/F800,  赤道儀 Losmandy G11,  ASI385MC +MPCC MARK3 , IR CUT フィルター, シャッタースピード 120 sec  x 10 フレーム by  SharpCap 3.1  (合計露出時間 1200 sec),  SI7 にてコンポジット+レベル補正実施 , 撮影場所:自宅のベランダ