StellarMate による自動導入

2016年に Stick PC を使用してEQDirect にて自動導入を可能にし、2018年に iOS タブレットまたは Android タブレットを使用して SynScan WiFi Sky Safariによる自動導入 が可能となるように拡張してきました。2018年10月ごろ、 にゃあさん の 「StellarMate OS」の記事を読んで面白そうだったので Amazon でRaspberry Pi 3 Model b+ を購入し、 StellarMate を導入したのですが、本日までそのままにしていました。

切り替えSwitch PC1  StickPC PC2 Raspberry Pi  に設定してあります

過去の仕事で DOS, Windows, OS2 上で開発の経験はあるのですが、Linux は苦手で (特に vi エディターが慣れなくていい思い出がない) どうしても後回しになってしまします。 最近は日中は晴れている日もあるのですが、夜には曇りまたは雨の日が多く撮影のほうは全く進まないので、中断していたStellarMate による自動導入のセットアップを再開してみました。

1. StellarMate は Kenko New SkyExplorer SE II の SynScan WiFi に接続しておく
2. Tools->Devices -> Device Manager を選択する
3. Continue を選択し次の画面を表示する
4. Device として EQMOD を選択する
5. SynScan WiFi のConnection 情報を設定する。 IP アドレスは 192.168.4.1 ポート番号は 11880
6. KStars のTools -> Ekos の画面を表示させる
7.Profile の設定のために Edit (ペンのアイコン) を呼び出す。
8.今回は自動導入の設定が目的なので Mount に EQMOD を設定しそれ以外はSimulatorを設定しておく
9. 開始アイコン (Start) によりマウントの接続する
10. 接続が正常に行われると、撮影アイコン、フォーカスアイコン、ガイドアイコン、マウントアイコン等が追加で表示される。 Mountの画面でMount Control を選択するとマウントの移動、アライメント実施、自動導入(GoTo) に便利なMount Controlのパネルが常時される
11. Mount Control のパネルのTargetに、アライメント実施の対象物を設定する
12.例として Target に Polaris を選択し、Mount Controlを使用して、実際の北極星の位置を補正しSyncするとアライメントが完了する
13. 次にTagetで対象物を選択し GoTo すると導入が完了する。

2019年6月27日 追記

引き続き天気が悪いのでPHD2の設定を行いました。

14. Kstars の Profile の Guiding に PHD2 を指定する
15. Guide Camera としてQHY5IIを使用しているので、Driverも QHYCCD を指定しておく
16. PHD2 の Profile には INDIに接続された QHY5II を指定し、Mountは On-Camera を指定したのち、すべてを接続する (Connect All)。
17. PHD2 の設定パラメーターはWindows版と同じものを指定する。Dark やBad pixel の作成方法もはWindows版と同じ

という風に室内で仮想テストを行ってみましたが、実際の環境ではどうなるでしょうか?

M16 (わし星雲)

Off-Axis Guider のテストを兼ねて M16 (わし星雲) をナローバンドフィルター(Hα、OIII, SII) で撮影してみました。 問題なくガイド星も見つかりPHD2によるオートガイドも正常に稼働したのですが、なぜか時々ガイドが乱れる挙動があり、これまでの 200mm のガイド鏡を使用したほうが安定しているように思います。 Off-Axis Guider のばあい焦点距離が 200mm -> 800mm と大幅に長くなるので、 鏡筒のバランスもより厳密にとる必要があるのでしょうか? 

このブログを書いてる現在の簡易観測所内の温度は 摂氏32.0 、日中の最高温度は 摂氏34.8 だったようです。鏡筒にカメラを装着したままなので、多少不安なのですが撮影を効率的に進めるためにはしょうがないですね。摂氏40度を超えるようだと、撤収したほうが無難だと思います。

ナローバンドの撮影は露出時間を長くとる必要があるので、撮影できた枚数が少ないうえに、ガイドが安定しなかったので星像が丸くありません。 さらにわし星雲にある「創造の柱」はショボイ写りでしたが、 次回再挑戦です。

Hα画像 : 6/6/2019 1:45-6/6/2019 3:00 M16 (わし星雲) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, Hα 7nm 、900 sec (1×1ビニング) x 5枚コンポジット, 感度 300、SIでデジタル現像後、階調補正、トリミング , 撮影場所:自宅のベランダ

OIII画像 : 6/6/2019 3:00-6/6/2019 3:20 M16 (わし星雲), CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, OIII 、600 sec (1×1ビニング) x 2枚コンポジット, 感度 300

SII画像 : 6/6/2019 3:20-6/6/2019 3:40 M16 (わし星雲) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, SII 、600 sec (1×1ビニング) x 2枚コンポジット, 感度 300

Cloudy Nights の機材整備

天気が良くないので本日は機材整備です。最近はガイドスコープを使用していますが、ガイド鏡のゆるみや鏡筒を変更した際の調整の失敗で星像が丸くならないことがたまにあります。2014年ごろは ORION Off-Axis Guider を使用して長時間ガイドをやっていたことを思い出し、 Off-Axis Guider を引っ張り出してみました。

  • MPCC3のバックフォーカスを 55mmに合わせること  
  • メインカメラとガイドカメラの両方の焦点を合わせること

晴れた日に実際の星空で長時間ガイドの実験をしてみようと思います。

IC5067 (ペリカン星雲)

30度越えの天候はまさに夏が来たという感じですが、湿度が低いので過ごしやすい毎日です。この時期は簡易ベランダ観測所から撮影可能な銀河がないので、散光星雲である IC5067 (ペリカン星雲) を撮影しました。本来なら NGC 7000 (北アメリカ星雲) と一緒に撮影するほうが良いのですが、焦点距離 800mm では無理なので ペリカン星雲のみです。左側の画像は Hα 7nm 、右側の画像は SAO合成 です。合計 135分 の露出時間ですが、画質からするとまだまだ枚数が足りないようです。一晩で撮影可能な時間は2-3時間なので何日か続けて撮影して時間を稼ぐ方法しかないと思いますが、天候のことを考えるとそれはそれで大変です。

Hα画像 : 5/26/2019 1:00-5/26/2019 2:30 IC5067 (ペリカン星雲) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, Hα 7nm 、900 sec (1×1ビニング) x 5枚コンポジット, 感度 300、SIでデジタル現像後、階調補正、トリミング , 撮影場所:自宅のベランダ

OIII画像 : 5/26/2019 2:30-5/26/2019 3:00 IC5067 (ペリカン星雲) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, OIII 、600 sec (1×1ビニング) x 3枚コンポジット, 感度 300

SII画像 : 5/26/2019 3:00-5/26/2019 3:30 IC5067 (ペリカン星雲) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, SII 、600 sec (1×1ビニング) x 3枚コンポジット, 感度 300

風も弱くガイドは安定していました。

2019年5月27日 追記

今朝も晴れていましたので追加でペリカン星雲を撮影しコンポジットの枚数を増やしてみました。鏡筒のバランスをとるためにカメラを180度回転させたので冷却CMOSカメラのアンプノイズの位置が反対側になってしまいましたので、コンポジットすると2ヶ所になっていまい画質的には残念な結果となってしまいましたが、枚数を増やすと明らかにS/N比がよくなることは検証できました。昨日の135分の撮影に加え本日の150分の撮影で合計285分の撮影時間になります。

2019年5月27日 撮影情報

Hα画像 : 5/27/2019 1:30-5/27/2019 2:45 IC5067 (ペリカン星雲) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, Hα 7nm 、900 sec (1×1ビニング) x 6枚, 感度 300、SIでデジタル現像後、階調補正、トリミング , 撮影場所:自宅のベランダ

OIII画像 : 5/27/2019 2:45-5/27/2019 3:15 IC5067 (ペリカン星雲) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, OIII 、600 sec (1×1ビニング) x 3枚, 感度 300

SII画像 : 5/27/2019 3:15-5/27/2019 3:45 IC5067 (ペリカン星雲) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ASI294MC, SII 、600 sec (1×1ビニング) x 3枚, 感度 300

Kenkoスターリーナイト フィルター (続き)

天候が安定しない日が続いていましたが、ようやく晴れたのでKenkoスターリーナイト フィルターを装着し撮影してみました。L画像を撮影後、R画像とB画像の撮影を始めたのですが、4時前には空が明るくなり始めRGB画像は撮影できなかったので、2019年4月3日の画像 を使用して LRGB 合成してあります。 Kenkoスターリーナイト フィルターの評価ですが、対象物が銀河ではないので赤外領域の感度の評価はできないのですが、露出時間 180sec でも写ってくれるのでIDAS LPS-V3 使用時に比べて撮影時間は短くて済むのがメリットかもしれません。

5/24/2019 2:30-5/10/2019 3:30 亜鈴状星雲 (M27) , CFP200 + MPCC MARK3 (摂氏2度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ATIK383L, クリアーフィルター、180 sec (1×1ビニング) x 10枚コンポジット, SIでデジタル現像後、階調補正、トリミング , 撮影場所:自宅のベランダ

湿度も低く風も微風だったのでオートガイドは安定していました。残念な点はもう少し厳密にフォーカスを合わせておけばよかったかなと反省しています。

Kenkoスターリーナイト フィルター

光害地での撮影の際のカラーバランスの改善のために、 Kenkoスターリーナイト を購入しました。カメラレンズ用のフィルターなので48mm径は販売されていませんので、MARUMIの48mm-49mm 変換アダプターと 49mm-48mm 変換アダプターを使用しサンドイッチ方式で装着してみました。Baader MPCC3 までのバックフォーカスは 55mm してあります。L画像用のフィルターも Baader UV/IR/CUTフィルターからクリアーフィルターに交換してあります。これで 700nm あたりの赤外領域も透過してくれるはずですが、問題はATIK 383Lの感度です。光害かぶりを押さえて露出時間を延ばすことができれば画質の改善が期待できるのでは?ともくろんでします。残念ながら月明りと最近の天候のせいで効果を検証できるのは2週間後ぐらい後になりそうです。

MARUMI 変換アダプターを使用し2インチスレーブに装着、 Kenkoスターリーナイト 49mm は2インチスレーブには挿入できないのでストッパーよりカメラ側に装着してあります

ゴリラも雨はいや?

米国ノースカロライナ州 サウスカロライナ州 動物園からの話題です。ゴリラは知能指数が高いので、人間と同じようなしぐさです。とてもかわいいですね (^_^)

日本は今週は天気が悪そうです。

2019年5月16日 訂正

日本の他のTV局でも放送し始めましたが、この動物園は
サウスカロライナ州 Riverbanks Zoo in South Carolina が正しいようです。したがってロイターJPの記事は間違いのようです。

CNN のリンクはこちら