Jupiter (木星) Saturn (土星) Mars (火星)

台風が過ぎた後の3惑星、大気は結構安定していました。

07/29/2018 20:37 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 10ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

07/29/2018 21:02 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 15ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

07/29/2018 22:25 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 15ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

22_25_29_mars_20180729_2225_simulation

Saturn (土星)とMars (火星)

大気の状態はそれほど良くなく、若干ゴムまりのような状態です。しかしせっかくの大接近なので、晴れた日は撮影を続けてみます。

jupiter_20180723_210007/23/2018 21:00 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 20ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

mars_20180723_221107/23/2018 22:11 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 20ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

mars_20180723_2211_simulation

観測所の湿度と温度

我が家の観測所はコンパネに耐水シートを張り合わせた、正真正銘の簡易式の観測所です。この中に望遠鏡、赤道儀およびその電子機器、WiFi機器、USB機器、オートガイド用のカメラ等の電子機器も常設したままなので、今年の暑さを乗り切れるのか心配になってきました。そこでAmazonのTime Saleで便利な湿度・温度計を見つけたのでさっそく試してみました。この温度・湿度計は過去の最高湿度・最低湿度、最高気温・最適気温を記録してくれ非常に便利です。ちなみに昨日の日中の観測所の状態は、最高湿度 79%、 最高温度35度だったようです。 これだと機器の正常動作範囲内なので、とりあえず大丈夫そうですが長期間耐えうるか心配ですが、少し温度対策をしたほうがよさそうですね。

温度計

2018年7月22日 追記

本日の日中の観測所の状態は、最高湿度 70%、 最高温度42度まで上昇したようです。断熱材をいれてもう少し温度上昇を抑えないと、常設の赤道儀、電子機器、望遠鏡に悪影響を与え故障の原因になりそうです。とりあえず断熱材としてホームセンターでキャンプ用の銀マットレス (アルミマットレス) を購入し、上部および側面に貼り付けました。 効果のほどは不明です。

2018年7月23日 追記

今年最高気温を記録したせいか、本日の日中の観測所の状態は、最高湿度 70%、 最高温度 44.5度まで上昇したようです。いまのところ機器は正常に稼働しているようですが、この状態が続くといつ故障してもおかしくないと思います。とはいっても一旦すぐに観測できる環境に慣れてしまうと、毎回設置という環境には戻れません。とりあえず小型扇風機を設置し24時間強制換気してみることにします。

2018年7月24日 追記

本日の日中の観測所の状態は、最高湿度 72%、 最高温度 39.8度だったようです。ギリギリセーフというところでしょうか?

2018年7月25日 追記

保冷バック等に使用されているアルミ保温・保冷シートを使用して望遠鏡カバーを作成しました。横 1m x 縦 1.2m のアルミ保温・保冷シート 2枚を袋状になるように縫合し望遠鏡に被せました。これで何とか猛暑を乗り切ってほしいと思います。

防熱シート

Mars (火星)

昨日より1時間早いので少しましな画像になりました。

mars_20180721_021007/21/2018 02:10 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 20ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

mars_20180721_0210_simulation

Mars (火星)

火星がスクリーンからずれないようにPHD2でオートガイドしながら撮影したのですが、大気の状態はそれほど良くありませんでした。やはり緯度が低くなってからの撮影を開始したので、大気の影響を受けてしまったようです。

mars_20180720_030807/20/2018 03:08 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 20ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

PHD2_20180720

Mars (火星)

本日も上空の風は若干強くて大気は安定していませんでした。

mars_20180717_225707/17/2018 22:57 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 20ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

Mars (火星) と Saturn (土星)

最近日中はよく晴れて非常に暑いのですが夜になると雲がでて天候が安定しません。早朝の雲の合間を狙ってようやく撮影した一枚です。

mars_20180715_022407/15/2018 2:24 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 20ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

mars_20180715_0224_simulation

2018年7月15日 夜 追記

夜のほうが雲が少なく撮影条件は良かったのですが、上空の風は若干強くて大気は安定していませんでした。

mars_20180715_231307/15/2018 23:13 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 20ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ

saturn_20180715_220407/15/2018 22:04 TAKAHASHI μ-210 , 赤道儀 Losmandy G11, ASI385MC, IR CUT フィルター、 バローレンズにて1.6倍拡大, シャッタースピード 20ms , 5000 フレーム, Autostakkert3+Registax6 , 撮影場所:自宅のベランダ