SharpCap 3.1によるLive Stack

久しぶりに晴れそうだったので早起きして、初めて SharpCap 3.1 による Live Stack を試してみました。

シャッタースピード 3 sec で、それぞれ 5 フレーム、 20 フレーム、 60 フレーム ほどスタッキングした画像です ( SI7でレベル補正した後の画像 )。スタッキングの枚数が増えれば画質が向上しましたが、明るさは同じぐらいなので、何か間違えているような気がします。確かにLive Stack 中のM42 の明るさはどれも同じよう感じで、スタッキングの枚数が増えても M42 が浮き上がってくるという感じではありませんでした ( 残念!)

今日は夜が明けて明るくなり時間切れとなってしまいましたが、次回はシャッタースピードを 3 sec から4 sec にするか、ゲインを 244 から 300 以上に上げてもう一度試してみたいと思います。

SharpStack_15secSharpStack_60secSharpStack_180s08/31/2018 4:15 – 4:30 TAKAHASHI FS-60C (CB改造) , AZ-GTi 経緯台 (恒星追跡モード),  ASI385MC, IR CUT フィルター、 BORG 7885 + AstroStreet GSO 0.5x レデューサー, シャッタースピード 3 sec , Live Stack モード, SI7 にてレベル補正実施 , 撮影場所:自宅のベランダ

多段レデューサーによる合成縮小率 と画質

FS-60C (CB改造) に BORG 7885  (0.85x) + AstroStreet GSO 0.5x レデューサー を装着するとf/355 mm x 0.85 x 0.5 = f/151 mm となりそうですが、実際にはレンズの位置により縮小率は変わってきます。 いつも鉄塔を使用して実際の焦点距離を測ると f/355 mm が f/240 mm になっていました。したがって実際の合成縮小率は 0.68x 程度だと考えています。

下記の画像はベテルギウスをシャッタースピード3sec で撮影した1ワンショットの画像です。無謀な多段レデューサーのシステムですが、鏡像は全体的にフラットのようなので、実用に耐えうるレベルだと思います。

ただし M42 の画像で判明しているように、レベル補正を強めにかけると左上にゴーストが目立つようになりますので、0.5x レデューサーの影響ではないかと考えています。

04_01_19_20180831_Betelgeuse_120008/31/2018 4:15 – 4:01 TAKAHASHI FS-60C (CB改造) , AZ-GTi 経緯台 (恒星追跡モード),  ASI385MC, IR CUT フィルター、 BORG 7885 + AstroStreet GSO 0.5x レデューサー, シャッタースピード 3 sec , ワンショット画像、  SI7 にてレベル補正実施 , 撮影場所:自宅のベランダ