バラ星雲(NGC 2237-9, NGC 2246)

10月7日のリベンジをするつもりだったのですが寝坊してしまいました。明るくなるまで1時間弱しかないので、Hα、x2ビニングモードで撮影を開始したのですが 900 sec では全く露出不足で、1200 sec でもまだ不足のようです。この時点で空が明るくなってしまいましたので時間切れとなってしまいました。以前使用した鏡筒 CFP200/F800 はF4ですが 今回の BKP130はF5 なので、もっと露出時間を長くしないといけないということをすっかり忘れていました。

10月9日と10月10日にリベンジを試みたのですが、またしても寝坊してしまい 1200 sec 撮影中に夜が明けるという失敗を繰り返してしまいました。自宅からの撮影といえどもなかなか大変です。

20181009_BKP130_ATIK383_FL5_1200_rotate_x210/10/2018 4:30 バラ星雲(NGC 2237-9, NGC 2246) , BKP130,  赤道儀 Losmandy G11,  ATIK 383L+MPCC MARK3 (冷却は使用せず), ガイド  QHY5II,  Baader 7nm Ha Filter, シャッタースピード 1200sec  1枚,   x2 ビニングモードにて撮影, ステライメージ7 にて階調補正, 撮影場所:自宅の2階のベランダ