電子ファインダー

最近は雲が多い日が続いていますので、ゆっくり観望というわけにはいきません。そんな時はネットを徘徊して面白いネタ探をしています。今年5月に ASI385MC を購入したのですが、惑星のシーズンが終わると出番が減少してしましました。そのうえ私の不注意により1ケ月の入院 (修理) となってしまいましたので さらに出番がなくなっています。そこでさらなる活用を模索するために、電子ファインダーの実験をしてみました。ASI385MC + 50mm Cマウントレンズ (実際にはF/47mm) の場合、 計算すると画角は 8.8° x 5.0° となるようなので、光学式のファインダーと同程度のようです。

20181118_ASI386MC_finder

光学式のファインダーを電子ファインダーに交換して M42 を導入してみました。ASI385MCは高感度なので、1 sec の露出で下記ように写るので、確かに狭いところではファインダーをのぞくよりはかなり楽ですね。 次の惑星のシーズンまではこのスタイルで行こうと思います。(惑星撮影にはASI385MCが必須なので)

20181118_ASI386MC_finder_M42

冷却CCDは画像処理が面倒なのと時々雲が流れているので、短時間で撮影できるEOS Kiss X5 を使用しました。

11/18/2018 3:30 – 4:40  GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, 赤道儀 Losmandy G11, EOS Kiss X5 (新改造), 120sec x 15枚コンポジット、ISO800, 撮影場所:自宅のベランダ