ASI294-MC Pro 1st Light

現在使用している星雲撮影用のカメラは、2013年に購入した EOS Kiss X5 (新改造) とATIK 383L (モノクロ) です。デジタルカメラは画角も広いしカラーなので便利なのですが、最近の天体撮影専用のCMOSカメラに比べ感度が劣ります。今回 5年ぶりにカラー撮影用の機材を更新することにしました。11月にASI294-MC Pro を発注し、12月3日に到着していたのですが、天候が不安定なのでなかなかテストができず、本日ようやく試すことができました。

撮影には APT V3.57 を使用しています。状況を音声で教えてくれるのがかわいいですね。フィルターには IDAS LPS-V3 を使用しています。

12/15/2018 23:00 オリオン大星雲 (M42) ,  GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, IDAS LPS-V3 を使用, 赤道儀 Losmandy G11, ASI294-MC Pro, 120sec x 10枚コンポジット、感度 300, SIでデジタル現像後 階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

RC用0.75レデューサー・フラットナーと ASI294-MC のバックフォーカスは 75mm となっています。周辺の収差は何とか満足できるレベルですが、EOS Kiss X5 の時は 69mm だったので、もう少し短くしたほうが良いかもしれません。

外気温は摂氏6度まで下がり、結構寒いので急いで M42 の近くのお馬さんを撮影してみました。公害地ではさすがに IDAS LPS-V3 だけでは厳しいです。明け方は0度近くまで下がったので寒いです。

12/16/2018 24:00 馬頭星雲と燃える木, GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, IDAS LPS-V3 を使用, 赤道儀 Losmandy G11, ASI294-MC Pro, 120sec x 1枚、感度 300, SIでデジタル現像後 階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

今夜はとりあえずテストなので IDAS LPS-V3 に Fuji Film SC 64 を重ねて簡易Hα とし、露出時間を 600sec さらに 900sec まで延ばしてみました。コーストが盛大に発生していますので良い画像とは言えません。やはりフィルターはちゃんとした品質ものを使用するほうが画質が良いです(当たり前ですが)

12/16/2018 1:00 馬頭星雲と燃える木, GS200RC, 笠井 RC用0.75レデューサー・フラットナー使用, IDAS LPS-V3 + Fuji Film SC64 を使用, 赤道儀 Losmandy G11, ASI294-MC Pro, 600sec + 900sec x 2枚、感度 300, SIでデジタル現像後 階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

鏡筒のバランスが完全でなかったのか、オートガイドはいつもよりはブレが大きいです。

2018年12月18日 追記

バックフォーカスを 61mm に短くしたら周辺の像がさらに改善されました。しかし 0.75 レデューサーとフィルターを併用し、明るい星を撮影すると盛大にフィルターのゴーストが出てしまうので、GS200RCの場合はフィールドフラットナーを使用したほうが画質は良いと思います。近くに明るい星がなければ問題ないと思いますが・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中