Losmandy G11 のメンテナンス

今年2回目ですがLosmandy G11 の Powerが入らなくなってしましました。原因はすぐに電源スイッチの接触不良だと想像がつきましたので、メンテナンスをしました。Losmandy Digital Drive Board の4か所のねじを緩め、フロントのプレートを取り外します。

On/Off のスイッチ部分に接点復活剤を塗布したらメンテナンス完了です。


我が家のG11はGemini2 仕様ではなく通常の Digital Drive 仕様です。 Digital Drive 仕様のステッピングモーターの最大スピードは16倍なのでステッピングモーターを使用して鏡筒を移動させるにはとても時間がかかります。したがって唯一の難点は導入のために冬場は寒いベランダに出て手で鏡筒を回転させる必要があるということです。手動なのでスピードも自由自在です。

自動導入ではありませんが、高精度エンコーダー+Nexus の併用により、SkySafari (iPhone/iPad/Android Device)を利用して対象物を高速に導入できます(マニュアル導入)

Losmandy G11 のメンテナンス” への2件のフィードバック

  1. オヤジが気が付かなかったのか、「コメントをどうぞ」を、発見しました。
    修理出来て良かったですね。基板の設計・構成が確り出来てますね。

    1. オヤジさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
      大型赤道儀の交換は大変なので、極力長く使用できることを期待しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中