M101 (回転花火銀河)

M101 回転花火銀河も 300sec (2×2ビニング) でも露出時間は足りないようです。かなり明るさとコントラストを持ち上げてあぶりだしたので画質はかなり荒いです。BKP130 は口径が小さいのでディテールを映し出すのが難しいですが、 小型で狭小観測所での取り回しは楽です。 

光害地なので肉眼で確認できる基準星が限られています。まずファインダーでアクトゥールスを導入したのち主鏡の中央に来るように微調整を行います。
アクトゥールス で SkySafariのアライメント機能を実施します。その次にSkaySafariのスクリーンを見ながら手動で望遠鏡をアルカイドの位置に移動してアルカイドを再度アライメントを実施します。M51もM101もアルカイドの近所なのでアルカイドからだと正確に導入できます。

1/15/2019 3:30-4:30 回転花火銀河 (M101) ,  BKP130, MPCC MARK3 フィールドフラットナー使用, IDAS LPS-V3, 赤道儀 Losmandy G11, ASI294-MC Pro, 300sec (2×2ビニング) x10枚コンポジット、感度 300, SIでデジタル現像後 階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ
鏡筒のバランスがとれていないのかオートガイドの精度は良くないですが、私の撮影技術のレベルでは、あまり影響なさそうです。

M101 (回転花火銀河)” への5件のフィードバック

  1. こんばんは。オヤジさんのblogにお邪魔している、NC滞在中のkです。天文リフレクションズを眺めていて「銀河を撮られている方がいらっしゃる!」と飛んで来ましたら、takさんblogをお持ちだったんですね!
    M101はメシエの中でも暗い銀河なので光害地では苦戦しそうですが、周辺部まで写っていて驚きました。この勢いで50枚ぐらい・・と欲が出てしまいます^-^

    (2001年に戻られたという事で、もしや2002~4年頃の星ナビを御覧になったりなさいませんでしたか・・”CCDママ”という連載を書いておりました)

  2. アライメントの作業手順は、ちょっと理解できません(汗)が、何時も、自称光が位置を言ってるオヤジには、タックさんの星が眩し過ぎて!
    それにしても、お化けも眠る3:30-4:30、観測所があると良いですね。
    オヤジは、餓鬼と同じなので、00時が眠さの限界です。
    真夏だと、板の間で大の字になって02時頃までは持ちますが、その日は、眠くて何も。(笑)
    迫力あるM101、初めてみました。

    1. 自称光が位置を言ってるオヤジ は、
      自称光害の庭を言ってるオヤジ の、誤りでした。

      1. kさん、

        こんにちは  (東海岸ではこんばんはかな?)

        古い星ナビはもう廃品回収にだしてしまったので手元にはありませんが、確か自宅の庭にピラーを設置された方がいらっしゃったのを記憶しております。当時は冷却CCDは高値の花で私の手の届かないものでした。 

        これからもよろしくお願いします。

      2. オヤジさん、

        大丈夫です。 毎日20:00ごろには眠くて寝てますので(苦笑)。 その結果、起床が毎日3時ごろになるという悪循環(良い循環?)です。2時以降はほとんど家庭やお店の電燈が消えていますので、光害地としてはベストな撮影条件です。 起きた時点で雲があれば、また寝るということも可能ですよ。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中