M51 (子持ち銀河) 再々チャレンジ編

しつこい性格なのか、まだM51にこだわっています。BKP130 f/650mm はお手軽でよいのですが、Quality にこだわるのであれば口径の大きいほうが有利なので、CFP200 f/800mm に交換して再々チャレンジしました。CFP200はF4なので、シャッタースピード 420sec あるい 300sec ではカラーバランスが良くありませんでした。したがって 240sec まで短くして撮影しています。今回もフラット補正を実施していないので周辺減光が著しいですが、トリミングしていない画像を張り付けておきます。

1/19/2019 4:00-5:00 子持ち銀河 (M51) , CFP200, MPCC MARK3 フィールドフラットナー使用, IDAS LPS-V3, 赤道儀 Losmandy G11, ASI294-MC Pro, 240sec (2×2ビニング) x8枚コンポジット、感度 300, SIでデジタル現像後 階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

8枚撮影した後に鏡筒が壁に当たってガイドができなくなりましたので、本日の撮影は終了となりました。ガイド鏡をf/200mm から f/130mm に変更したせいなのか、精度が落ちていますがそれほど影響はないようです。

M51 (子持ち銀河) 再々チャレンジ編” への2件のフィードバック

  1. 昨夜のニワトリ用で、昼間、フラット用の工作をしてました。
    APTがこの条件ならこのプランをと出力してくれるので、その機能を使って昨夜、やってみました。
    黒いドーナツ状のゴミが初めて撮れ、嬉しくなりました。(今まで、センサー部のごみが無かった)(笑)
    やはり、撮影前にフラットを取らないと、閉店間際だと眠くて・寒くて省略になってしまって、昨夜は反省の夜でした。
    それにしても、月が明るくて。(笑)

  2. オヤジさん、 おはようございます。 

    私も撮影のほうに時間がとられて、いざフラットの撮影をというときには、夜が明け始めてるという落ちなので、 そこまで余裕がありませんでした。 (苦笑) 次回からは最初に取っておくべきですね。 おお、APTにはそんな便利な機能があるのですか? 今度試してみます。情報ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中