AZ-GTi 赤道儀モード

2018年8月に AZ-GTi を購入しお手軽観望の友として経緯台モードで最近まで使用してきました。Android 6.0 では問題なかったWiFi接続が、Android 8.0 では SynScan Pro と SkySafai の WiFi が切断されるという問題もありましたが、回避策も見つかり本日まで安定稼働しています。 元々 AZ-GTi は経緯台モードと赤道儀モードの両方をサポートしている優れた自動架台なので、ファームウェアをアップデートし赤道儀モードも使用できるように変更してみました。

オヤジさんの情報通り、スカイメモS・T用 微動雲台の場合、標準のノブ付き固定ねじのままだと赤経方向の回転時に AZ-GTi 本体がぶつかり回転が邪魔されるということなので、ヘキサレンチで固定するタイプのねじに交換してあります。

次に AZ-GTi のファームウェアのアップデートです。 デュアルモードの最新ファームウェアは V3.20 で、そのファームウェアのローダーは V1.74 なのでダウンロードします。後はWindowsのPCからAZ-GTi にWiFiで接続し、Loaderを起動し V3.20 のFirmware を適用すれば終了です。

Android 8.0 上の SynScan Pro と SakySafari をGooglePlay ストアがら最新版にアップデートしておきます。

  1. Android 8.0 のWifi 設定で AZ-GTi に接続しておきます
  2. SynScan Pro を起動し接続します。そうすると経緯台モードにするか赤道儀モードにするか聞いてきます。今回は赤道儀モードを選択します。

3. 正常に接続されると下記の画面が表示されます。ここで設定のメニューを選択します。

4. 現時点のAndroid 版の最新 SynSCan Proは 1.4.0 です。ここで補助エンコーダーをONにしておきます。

5. 自宅での使用なのでWiFi の設定はアクセスポイントモードでも特に問題はないのでこのままにしておきます。

6. アライメントの画面に戻り、前回のアライメント情報をリセットしたのち新たにアライメントを実施します。今回はテストなのでアルデバランを使用してアライメントを実施します。

7. 次にSkySafariを起動し、Settings 画面で望遠鏡種別およびマウントタイプを設定します。

8. 望遠鏡種別は SkyWatcher SynScan、マウントタイプは Equatorial GoTo (German) を設定します。SynScan Pro は同じAndroid 8.0 のタブレット上で稼働させていますので、IPアドレスはLoopback アドレス 127.0.0.1 を指定します。Port 番号は 11882 です。  

9. Settings が完了したら最初の画面に戻って Scope メニューでConnectを選択します。 SynScan Proとの通信が成功すれば、現在のターゲットであるアルデバランに現在のScopeの位置が◎ (二重丸) で表示されます。ConnectのボタンはDisconnectに変更されます。

10. これで設定は終了です。あとはSkySafari の画面で導入したい対象物を指でポイントし GoTo ボタンを押すと、Scopeは新しい対象物に移動します。下記の例は指でカペラを選択しGoTo させた結果です。

準備は完了しましたが、これから天候は崩れるようなのでテストは少し後になりそうです。