AZ-GTi 赤道儀モード

2018年8月に AZ-GTi を購入しお手軽観望の友として経緯台モードで最近まで使用してきました。Android 6.0 では問題なかったWiFi接続が、Android 8.0 では SynScan Pro と SkySafai の WiFi が切断されるという問題もありましたが、回避策も見つかり本日まで安定稼働しています。 元々 AZ-GTi は経緯台モードと赤道儀モードの両方をサポートしている優れた自動架台なので、ファームウェアをアップデートし赤道儀モードも使用できるように変更してみました。

オヤジさんの情報通り、スカイメモS・T用 微動雲台の場合、標準のノブ付き固定ねじのままだと赤経方向の回転時に AZ-GTi 本体がぶつかり回転が邪魔されるということなので、ヘキサレンチで固定するタイプのねじに交換してあります。

次に AZ-GTi のファームウェアのアップデートです。 デュアルモードの最新ファームウェアは V3.20 で、そのファームウェアのローダーは V1.74 なのでダウンロードします。後はWindowsのPCからAZ-GTi にWiFiで接続し、Loaderを起動し V3.20 のFirmware を適用すれば終了です。

Android 8.0 上の SynScan Pro と SakySafari をGooglePlay ストアがら最新版にアップデートしておきます。

  1. Android 8.0 のWifi 設定で AZ-GTi に接続しておきます
  2. SynScan Pro を起動し接続します。そうすると経緯台モードにするか赤道儀モードにするか聞いてきます。今回は赤道儀モードを選択します。

3. 正常に接続されると下記の画面が表示されます。ここで設定のメニューを選択します。

4. 現時点のAndroid 版の最新 SynSCan Proは 1.4.0 です。ここで補助エンコーダーをONにしておきます。

5. 自宅での使用なのでWiFi の設定はアクセスポイントモードでも特に問題はないのでこのままにしておきます。

6. アライメントの画面に戻り、前回のアライメント情報をリセットしたのち新たにアライメントを実施します。今回はテストなのでアルデバランを使用してアライメントを実施します。

7. 次にSkySafariを起動し、Settings 画面で望遠鏡種別およびマウントタイプを設定します。

8. 望遠鏡種別は SkyWatcher SynScan、マウントタイプは Equatorial GoTo (German) を設定します。SynScan Pro は同じAndroid 8.0 のタブレット上で稼働させていますので、IPアドレスはLoopback アドレス 127.0.0.1 を指定します。Port 番号は 11882 です。  

9. Settings が完了したら最初の画面に戻って Scope メニューでConnectを選択します。 SynScan Proとの通信が成功すれば、現在のターゲットであるアルデバランに現在のScopeの位置が◎ (二重丸) で表示されます。ConnectのボタンはDisconnectに変更されます。

10. これで設定は終了です。あとはSkySafari の画面で導入したい対象物を指でポイントし GoTo ボタンを押すと、Scopeは新しい対象物に移動します。下記の例は指でカペラを選択しGoTo させた結果です。

準備は完了しましたが、これから天候は崩れるようなのでテストは少し後になりそうです。

AZ-GTi 赤道儀モード” への5件のフィードバック

  1. すっかり忘れてました。(笑)
    お蔭様で、バージョン上がりました。
    このAZ-GTiですけど、12~13kg位の搭載能力を持った新製品が10万位で出たら、飛びつきますね。(笑)
    オマケに、全く同じアプリで、AZEQ5GTもAZEQ6GTもステラショットにASCOMで繋げて、何か、便利過ぎて罰が当たりそうに幸せです。(笑)
    最近、お試しで、アライメント・自動導入関係は、android7のNexsus9でたまにやります。
    後は、aptで撮影ですが、画面が別になるので、スムースに作業が捗りますね。
    タブレットは、片手の平で使えるストラップも使っているので、導入で鏡筒を動かすのも楽になりました。

    1. オヤジさん、おはようございます。

      最近の天体機器は、すごく使い易くなっていますよね。さらに機器同士がWiFiで通信できるのでケーブルに足を引っかけて悲惨な事故にならなくて済みます。

      新製品の発表のサイクルが短くて、お財布には優しくありませんが・・・・

      今朝早速、AZ-GTi の赤道儀モードのテストをしました。赤道儀モードによる導入はOKでしたが、PHD2のオートガイドのテストのころには、一面雲に覆われてあきらめました。

      PS: 赤経のねじの情報ありがとうございました。助かりました。

  2. 住んでいる所が近いので、こちらも、昨夜はGPV予想どおり21時を回ると薄雲が出て来て、晴れているようですが星の数が少なくなって、アライメント星位になりました。
    それは、残念でしたね。
    BORG71FLは、大きさもFS60CB位なので、オヤジも次回のプチ遠(近)征には、AZ-GTiも持って行きたいと思います。

  3. こんな便利な赤道儀があるのですね!お二人の会話に全然付いて行けず、すっかり時代に取り残されている自分を実感してもいますが・・・ケーブルレス撮影、憧れます(先程も足に引っ掛けてヒヤッとしたばかりです)

    1. kさん、

      こんにちは、最近の赤道儀はWiFi 経由で通信できるようになっています。操作もハンドコントローラーではなく、Windows PC や iOS またはAndroid で稼働するアプリケーション経由なので指でポイントして Go というような感じです。確かにスマートフォンやタブレットのユーザビリティーは各段に向上しています。( 愛用のWindows PCはThinkPadですがiPad と Android Tablet を併用しています)  

      AZ-GTi は最大搭載は5kg 以下だと思われますので、バランスのウェイトと考慮すると鏡筒は2.5kg 程度なので、あくまでも小型鏡筒に限られます。オヤジさんの AZEQ6GTだとC11でも余裕で搭載できているようなので、それなりに選択肢があるようですよ。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中