長時間露出 (Hα) – リベンジ

9月に入っても天候に恵まれる日がすくないのですが、GPV気象予報だと明け方には雲がいなくなるようだったので、3時に起床しリベンジしてみました。焦点距離の長い Off-Axis Guider は, 環境の影響を受けやすくちょっとしたことですぐガイドエラーになってしまいます。実際にガイドが安定するようになったのは、4時過ぎだったので仕方がなく時間短縮の対策として 2×2 ビニング モードを使用し露出時間を 1200 sec から 600 sec と半分にして何とか1枚だけ撮影することができました。

明け方の1枚の画像なので画質は良くありません。Hαの場合もう少し露出時間が必要です。画像をクリックすると元のサイズで表示可能です。

9/27/2019 4:15 馬頭星雲, CFP200 + TS-Optics NEWTON Coma Corrector (摂氏3度まで冷却), 赤道儀 Losmandy G11, ATIK383L, Hαフィルター、600 sec (2×2ビニング) x 1枚ショット, SIでデジタル現像後、階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

Losmandy の部品 (ステッピングモーターやハンド・コントローラー) が故障したら困るなと思い Losmandy Web サイトを見ていたら, ステッピングモーター仕様の G11 はディスコンになってしまい GEMINI 2 の自動導入のみとなっていました。また保守部品としての ステッピングモーター は、「問合せ要」 となっていました。エンコーダー+SkySafari があれば手動式でも十分なのですが、世の中のニーズは自動導入なのですね。

EXPLORE SCIENTIFIC 社から PMC-8 UPGRADE FOR LOSMANDY G11 MOUNT というキットが出ていてこれを取り付けるとスマホから制御できるようです。現時点の価格は $1,499.00 ということなので GEMINI 2 と同程度でしょうか。そういえば私のLosmandy G11に装着しているエンコーダーはこの Woodand Hills から購入したのですが、1号機ですよと言われました。残念ながら現在このエンコーダーは販売していないので、壊れたら次は PMC-8 ですね。

長時間露出 (Hα) – リベンジ” への2件のフィードバック

  1. オヤジも、00時頃は雲があったので、目が覚めたら4時。
    最近、早朝から晴れて昼間も晴れ。が、多いですね。
    INDIのPHD2のテストがしたくて、薄明するまでの1時間半起きてました。
    馬頭星雲、ATIK383Lの威力ですね。良く写ってますよ。

    1. オヤジさん、そうなんです。明け方にならないと雲がなくならないのは沿岸部も少し内陸に離れた当地も同じ条件ですね。よってオフアキでのガイドに苦戦しています。
      8300系の赤外領域の感度はあまり良くないらしいのでHαのフィルターを使用すると露出時間が長くかかるのはそのせいではないかと思います。ASIのCMOS センサーのカメラの方が良く写るのではと予想しています。
      オヤジさんも、はやくINDI でのオートガイドが確認できるとよいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中