Losmandy G11 OnStep 実環境での検証

ガイドケーブルの OnStep の ST4ポートに接続忘れ、ガイドスピードの恒星 x0.5 に設定忘れ、種々の問題はありましたが、最終的に INDI+Ekos 環境で 400x GoTo 機能, Plate Solving, PHD2 Drift alignment, PHD2 Auto Guiding, Camera seaquence … 等々 を何とか検証することができました。

撮影中に子午線に到達してしまい作業がストップしてしまったので情けない画像になってしまいましたが、 まずは 比較的安価に 非GoTo 仕様の 赤道儀を GoTo 仕様にするという所期の目的を達成すことができたので良かったと思います。

BKP130, ASI294MC, Gain 300, Exp 180sec の M1 (かに星雲) です

2020年1月20日 追記

本格運用に向けて、鏡筒をBKP130からCFP200に交換し実環境での検証を続けています。鏡筒を交換しても Plate Solving は相変わらず絶好調で正確に対象物を中心に導入してくれます。ついでに、ガイド精度を上げるためにガイド鏡を QHY5II+f/130mmスコープ から QHY5LC+f/200mmスコープに変更してみました。実はこの試みが失敗で、QHY5LCの調子が悪くガイドが安定しないまま検証は終了しました。

1/19/2020 23:40-1/19/2020 23:50 オリオン大星雲 (M42) , CFP200 + TS-Optics NEWTON Coma Corrector (0℃), 赤道儀 G11+OnStep, ASI294MC Pro, L フィルター、感度 300、30 sec (1×1ビニング) x 11枚をコンポジット、 SIでデジタル現像後、階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

1/20/2020 0:00-1/20/2020 0:30 オリオン大星雲 (M42) , CFP200 + TS-Optics NEWTON Coma Corrector (0℃), 赤道儀 G11+OnStep, ASI294MC Pro, Hα フィルター、感度 300、300 sec (1×1ビニング) x 6枚をコンポジット、 SIでデジタル現像後、階調補正、 撮影場所:自宅のベランダ

上記Hα画像とL画像をLRGB合成の結果