StellarMate による自動導入

2016年に Stick PC を使用してEQDirect にて自動導入を可能にし、2018年に iOS タブレットまたは Android タブレットを使用して SynScan WiFi Sky Safariによる自動導入 が可能となるように拡張してきました。2018年10月ごろ、 にゃあさん の 「StellarMate OS」の記事を読んで面白そうだったので Amazon でRaspberry Pi 3 Model b+ を購入し、 StellarMate を導入したのですが、本日までそのままにしていました。

切り替えSwitch PC1  StickPC PC2 Raspberry Pi  に設定してあります

過去の仕事で DOS, Windows, OS2 上で開発の経験はあるのですが、Linux は苦手で (特に vi エディターが慣れなくていい思い出がない) どうしても後回しになってしまします。 最近は日中は晴れている日もあるのですが、夜には曇りまたは雨の日が多く撮影のほうは全く進まないので、中断していたStellarMate による自動導入のセットアップを再開してみました。

1. StellarMate は Kenko New SkyExplorer SE II の SynScan WiFi に接続しておく
2. Tools->Devices -> Device Manager を選択する
3. Continue を選択し次の画面を表示する
4. Device として EQMOD を選択する
5. SynScan WiFi のConnection 情報を設定する。 IP アドレスは 192.168.4.1 ポート番号は 11880
6. KStars のTools -> Ekos の画面を表示させる
7.Profile の設定のために Edit (ペンのアイコン) を呼び出す。
8.今回は自動導入の設定が目的なので Mount に EQMOD を設定しそれ以外はSimulatorを設定しておく
9. 開始アイコン (Start) によりマウントの接続する
10. 接続が正常に行われると、撮影アイコン、フォーカスアイコン、ガイドアイコン、マウントアイコン等が追加で表示される。 Mountの画面でMount Control を選択するとマウントの移動、アライメント実施、自動導入(GoTo) に便利なMount Controlのパネルが常時される
11. Mount Control のパネルのTargetに、アライメント実施の対象物を設定する
12.例として Target に Polaris を選択し、Mount Controlを使用して、実際の北極星の位置を補正しSyncするとアライメントが完了する
13. 次にTagetで対象物を選択し GoTo すると導入が完了する。

2019年6月27日 追記

引き続き天気が悪いのでPHD2の設定を行いました。

14. Kstars の Profile の Guiding に PHD2 を指定する
15. Guide Camera としてQHY5IIを使用しているので、Driverも QHYCCD を指定しておく
16. PHD2 の Profile には INDIに接続された QHY5II を指定し、Mountは On-Camera を指定したのち、すべてを接続する (Connect All)。
17. PHD2 の設定パラメーターはWindows版と同じものを指定する。Dark やBad pixel の作成方法もはWindows版と同じ

という風に室内で仮想テストを行ってみましたが、実際の環境ではどうなるでしょうか?

All Sky Plate Solver & StellaNavigator 10

暖かくなって過ごしやすいのですが、月が明るいうえに天候はあまり良くないので、天体撮影はあきらめ All Sky Plate Solver を試してみました。通常使用している赤道儀はマニュアル導入仕様だし、カメラ制御もに関しても MaxIM DL を使用していないのですが、StellaNavigator 10と連携出来たら便利だと思ったのが動機です。 下記の手順はマニュアルのステップがいくつかありますが、 StellaNavigator 10 の画面上に撮影した位置と傾きを表示することができるので、慣れれば意外と便利かもしれません。

All Sky Plate Solver の導入

All Sky Plate Solver は こちらのサイトの下方に記載されている Download ボタンを押して install.exe を入手します。

導入は install.exe を実行しダイアログに従って導入を進めます。重要なステップに index installation wizard があります。これはPlate Solverに必要なIndex情報を設定するステップするですが、使用する望遠鏡の焦点距離およびCCD/CMOS 素子の情報をもとに必要なindex情報を導入する必要があります。 

現在使用頻度の高い望遠鏡と撮影機器の情報は上記の通りなので、これらの情報をもとにindex情報を導入しました。index情報のサイズは大きいので導入にはかなり時間がかかります。下記はFOV が0.7°から42°までカバーできる index を導入した結果です。

導入が完了したら Help menu にある Check for update の機能を使用して最新版にします。1.4.5.11 – Daily build Apr 2, 2016 が現時点で最新版のようです。 

All Sky Plate Solver の設定

導入が完了したら All sky plate solver を起動し Plate solver の設定とLocationの設定を行います。以上で設定は完了です。

今回はCFP200とATIK 383L の設定をしてあります。

Plate Solver の実施

今回は実験なので2月20日 5時56分34秒 に撮影したM57のL画像を使用します

All sky plate solver を実行し、対象画像のplate solver を実施します。34秒で完了し、結果は下記のとおりです。

StellaNavigator 10 を立ち上げ、画像の撮影時間を設定します。(直前に撮影した場合は現在の日時を使用すればよいと思います)

次に 写野角 → 詳細 の画面を開き望遠鏡の焦点距離およびカメラのサイズを指定します。

次に 視野 → 中心座標の指定 の画面を開き plate solve で得られた R.A. と Dec. の情報を StellaNavigator に設定しOKを押します。撮影した画像の位置が中心に表示されます。

撮影した画像を StellaNavigator のスクリーンに ドラッグドロップするとカメラの傾きとFOVが表示されます(オレンジ色の破線)

Android 8.0 の WiFi 問題

天候が良くないのでまだこの問題に取り組んでいます。 昨日のテストの結果とオヤジさんの情報により Android 8.0 の WiFi が怪しいことは疑う余地がありません。当然 Android 8.0 の WiFi の設定には下記の通り 「スリープ時に接続を維持する」を選択しています。ところが実際はこの設定はうまく働いていないように思われます。
テストの結果、タブレットに電源を接続しておけばWiFi接続がタイムアウトになることを防げるようです。したがって  Android 8.0 の場合は常に電源につないでSkySafari を使用することをお勧めします。これでは機動性に欠けるのでタブレットの意味がありませんが、とりあえず1台構成で SynScan Pro と SkySafari が使用できます。

スマホ自動導入の安定化を目指して

2013年から導入支援装置としてNEXUS+SkySafari (第3世代iPod touch + iOS 5.1) を使用しており、便利で助かっています。その後スマートフォンやタブレットが普及しさらに便利になってますので、備忘録としてこのブログに記載してきましたが、環境によっては安定に動作しないようです。たまたま私の環境は問題なく運がよかっただけかもしれません。 
私の現在の環境は下記の図の1台構成で Android 6.0 + SynScan Pro + SkySafari 5 Plus で安定稼働しています (現時点では SkySafari 5 は残念ながら入手不能)。最近私のブログを見られた方から SkySafari 6 では動作しないと連絡をいただいたので、単純にSkySafari 6はまだサポートしていないだけかと思っていました。ところが試しに私の環境で SakySafari 6 Plus を試したところ問題なく稼働するので、問題の切り分けのためにもう少し調べてみることにしました。
最新式の HUAWEI MediaPad T5 が2万円程度で購入できることを知りこれまでの古い環境から最新式にに更新したところやはり安定稼働しません。最新の環境は Android 8.0 なので、おそらく Android 8.0 のWiFi の環境の仕様が更新されてしまい、SkySafari が SynScan Pro と通信する際にタイムアウトになっている模様です。Android 8.0 では SkySafari 5 でも 6 でも同様にアイムアウトします。

1台構成で 安定稼働する環境は Android 6.0 以外見つかっていないのですが、iOSの場合は2台構成で稼働しているようなので、どの環境が安定稼働するか手持ちの機器を使用して実験してみました。まずは1台構成の結果です。上記で述べた通り、 Android 6.0 の環境のみSkySafari が安定稼働します。 ちなみに SynScan Pro のみの使用であれば Android 8.0 でもiOS 12 でも問題ありません。

2台構成はいくつかのパターンがあります。まずは1台目 (SynScan Pro) にAndroid 6.0 を使用した場合は2台目 (SkySafari)は Android 8.0 でも iOS 12 でも安定稼働します。

続いて1台目 (SynScan Pro) にAndroid 8.0 を使用した場合は2台目 (SkySafari)は Android 6.0 の場合のみ安定稼働し、iOS 12 はタイムアウトを起こします。

最後に1台目 (SynScan Pro) に iOS 12 を使用した場合は2台目 (SkySafari)は Android 6.0 および Android 8.0 両方とも安定稼働しません。

海外では iOS 2台構成は稼働しているということらしいので今回は実験していませんが、それ以外に2台目に Windows 10 + SkySafari 以外の 星雲星座Map という組み合わせもいくつか正常に稼働しているようです。

上記のテストだけでは SkySafari 側に修正が必要なのか SynScan Pro 側で port 11882 経由の通信処理に修正が必要なのかは不明です。いずれにしても早期解決には Sky Watcher 側と SkySafari 側が協力して調査することが必要だと思われますが、SkySafariを開発している人員は実質1.5人らしいので優先順位の関係で手がまわらないようです。最新版の Android がサポートされるまで、Android 6.0 の環境を大事にしたいと思います。

2018年12月8日 11:00 AM  追記

Android 6.0 加えて Android 7.1.1 も問題ないそうです。オヤジさん情報ありがとうございました。

Duet Display とフォーカス調整

電動フォーカスを使用すればすべてが室内から操作可能なのですが、残念ながら所有するMoonLite はマニュアル・フォーカスです。フォーカスの微調整には室内のBackyardEOSのライブビューのスクリーンで確認するので、望遠鏡と室内を行ったり来たりする必要があります。そこで Duet Display を使用し、BackyardEOSのスクリーンを望遠鏡のすぐそばで確認できるようにしています。つまり、 Windows の Dual Display のような機能で、 2nd Display として iPad や iPhoneが使用できます。Duet Display の最大の利点は、iPad や iPhone はタッチパネルなので、アプリケーションの操作も可能だということです。

Duet Displayは非常に便利なのですが、Windows Updateを実施すると時々起動しなくなります。最近 PCの側のDuet Displayを再導入すると修復できるといことが判明したので、このまま使用を続けようと思います。

duet_display

後日、やはりDuet Displayは不安定なのでリモートでのスクリーン共有は TeamViewer によるリモートログイン方式に変更しました。TeamViewer だと iPad のスクリーン操作もタッチスクリーンで操作可能なので便利です。